発傍聴席、宛インターネットの深海

良心に従って、真実を述べ、何事も隠さず、偽りを述べないことを誓います。(法廷での宣誓文より)

雑記

西日本最大級のストリップ劇場へ行ってみました(公然わいせつ罪?)

このブログ、雑記ブログのつもりが法廷ブログになりつつあるので、一応例を挙げておくと、「ストリップガールが、多数の観客の前で陰部を露出する等の行為は、公然わいせつ行為に当たる」(最決昭30.7.1)という判例があります。 つまりはいつ摘発されてもお…

UberEatsの配達中に突然見知らぬ男から殴られた話

事件までの経緯 110番通報、取り調べ UberEatsの配達をされている方へのお願い 事件までの経緯 マクドナルドへ商品をピックアップしに向かうときでした。 自転車で普通に道路の左側を走っていたところ、右斜め後方からママチャリに乗った男(タイガース帽子…

どうしてもテンキーを左側にしたくて入力機器を一新してみた

「テンキーが左側にほしい!」っていう人いませんか? 簿記を勉強されている人や日常的に電卓を使う人はおわかりかと思いますが、電卓は利き手の反対側で使うのが鉄則です。(ペンを持ったまま操作するため) 日本人には右利きが多いはずですが、なぜかキー…

ユニクロのイタリアンレザーステッチベルトは買わないほうがいい理由

本当にタイトル通りなのですが、他のブログなどで絶賛されているユニクロのイタリアンレザーステッチベルトは買わないほうがいいです。 傷がつきやすいのです。 傷の跡 買った当初からなんだか革が薄くて異様に固く、不安に思ったのですがやはりそうでした。…

末期、恋愛中毒――あるいは思索の果ての自己否定

地下鉄の出口からぴゅうっと風が吹き込み、階段を上がっていた早苗は前髪を押さえた。ぬるく、心地のよい風。早苗は春を感じるよりも先に、自分の指の臭いに困惑した。磯のような生臭さと乾いた唾液の、混じったもの。彼――先ほど改札で見送った――のペニスを…

野菜ジュースと、常識と、偏見と、

先日の投稿の続きです。 blackvalley.hatenablog.com 追記の形を取ろうかなとも思いましたが、改めて補足します。あんまりにも言葉足らずだったので、ね。 僕はいま、毎日のルーティーンを守れるぐらいには体が動き、その体を守るために八方手を尽くしていま…

野菜ジュースの狂気

僕は野菜ジュースを毎日飲んでいる。それを話すと、大方の人間は「でも野菜ジュースって栄養減ってるらしいよ?」などと返す。他に二の句を継げないのだろうか。 食生活に気をつかっているならまだしも、むしろ不摂生を誇る人ほど野菜ジュースをバカにする。…

映画で百合も悪くない

元々が一般文芸に百合を見出す人で、マンガやアニメにおける百合作品に詳しいかというと実はそうでもありません。ましてや映画なんてノータッチもいいとこで、そもヒューマンドラマのような作品はほとんど観てません。(大好きなキューブリック作品の中には…

非日常へのあこがれ

自分の人生に影響を与えた作品を、思い返して文章にする機会が増えました。 感銘を受けた作品について逐一感想を書くことはしてこなかったので、存外に難しい作業です。それでもなんとかやってみて気づきました。 僕は決して知り得ない非日常への思いが強い…

箸休め

台湾旅行記が思ったより受けたようで、「次が楽しみ」なんて直接言ってくれる人もいて面映い限りです。ちょっと今夜は閑話休題とします。待ちわびてくれてる人、次の記事はなるたけ早く上げるからもうしばらくの辛抱だよ! このブログを再開したのってよくよ…

日常の中にある非日常、その境界線を越えた時――

これまでの人生で、君が出会えた素晴らしい作品を挙げなさいと言われたら、僕は迷わず『Scarlett』と答えます。ギャルゲという言い回しは好きじゃないので恋愛ADVとしましょうか。こういったジャンルはとかく色眼鏡で見られがちで、僕は非常にもったいないな…