発傍聴席、宛インターネットの深海

良心に従って、真実を述べ、何事も隠さず、偽りを述べないことを誓います。(法廷での宣誓文より)

十姉妹(ジュウシマツ)の育て方~ヒナのお世話編~

前回の記事ではヒナを育てるのに必要な道具について説明しました。

hotmonaca.info

 今回は、実際にヒナと暮らす一日を起床から就寝まで順を追って解説します。

  • 常に気をつけること

前回も述べましたが、ヒナに適した気温は28℃です。26℃~30℃を維持しましょう。

25℃を下回るとヒナにとって命に関わります。

ちなみに成鳥は20℃~34℃まで大丈夫ですが、ヒナの場合はあまり気温の差が激しいとよくないので、前述した温度を守ってください。

あとひとつ重要なのが、お迎えしてから一週間は触らないことです。そ~っと新しい環境に慣れさせましょう。

ただ、飛び始めて、向こうから手に乗ってきたりしたら大丈夫です。触ってもいいですがあくまで短時間で、嫌がるようならやめてください。

また、飛べるようになるとケースの上にぶつかる子もいます。その場合はタオルをかけてやってください。それでも暴れるようなら購入した店舗で羽をカットしてもらう方法もあります。

  • 朝起きたら

遮光シートをゆっくりと取り、声をかけてあげてください。大抵は飼い主より早起きしてるとは思います(私が怠惰なだけか……)

カイロを一枚取り出し、あたたまるまでの間、エサの準備をします。ご飯の作り方については次の節で詳しく紹介しますね。

エサやりを終えたら前夜に貼っておいたカイロを外し、新しいカイロを貼ります。

また、2日に1回、牧草をすべて取り替えます。2~3cmくらい敷いてあげてください。

  • ご飯の作り方・あげ方

まずは100℃の熱湯を沸かしてください。そして、育ての親にあわ玉を写真の量、入れます。

f:id:blackvalley:20200604210406j:plain

そして湧き上がった熱湯を注いで30分待ちます。

f:id:blackvalley:20200604212550j:plain

30分後の様子。ふやけてカサが増していますね

30分経ったら、水切りをします。浮いたあわ玉も捨ててください。ぬるくなっているので指であわ玉を抑えながら切ることができます。

水切りをしたら、栄養剤をマドラー2さじ入れ、40℃のお湯をほんの少し加えて混ぜます。このお湯の量の加減は慣れないと難しいです。

f:id:blackvalley:20200604212827j:plain

ベストなお湯の量で混ぜた状態。私は何度も失敗しました。

次に、スポイトを注射器のように持ちます。ですが、注射器ではないのでスポイトにエサを詰めてやる必要があります。まずは写真のように先端を1cmほど空けます。

f:id:blackvalley:20200604211051j:plain

そしてスポイトを垂直に、一気に突き立てます!

f:id:blackvalley:20200604212852j:plain

f:id:blackvalley:20200604212913j:plain

エサの詰まった状態。慣れますのであせらず挑戦してみてください。

ではいよいよ、ヒナにご飯を与えます。スポイトを見ると鳴き声を上げながら大きく口を開くと思いますので、スポイトを近づけてみてください。先端がヒナの口に入ったら親指でエサを流し込んでやります。(早く押しても大丈夫です)

動画を見たほうがわかりやすいかもしれません。

何度も繰り返していると、ヒナがお腹いっぱいになって口を開かなくなります。ここでエサやり完了です。

一応、目の下あたりの羽毛をめくって「そのう」という袋を確認してみてもいいです。膨らんで栄養剤の色に染まっているのがわかり、ちゃんと食べたという証明になります。

ですが私はビビりなのでやったことはありません(笑)

「食べ過ぎじゃない……?」と思ったら確認してもいいでしょう。(※基本的に鳥類は食べすぎませんが、成鳥してからのエサにはカロリーの高いものがあるので注意が必要です)

また、冷めてしまうとヒナはエサを認識しなくなります。エサやりに時間がかかってしまった場合はまたお湯を注いで加温しましょう。

  • エサをあげる時間と生活リズム

生後3週間のヒナには一日3回、6時間ごとにエサやりをする必要があります。できれば与える時間を固定してやりましょう。

私は7時・13時・19時に固定していました。早起きが得意な方は6時・12時・18時でもいいでしょう。

その日最後のご飯をあげ終わったら、おやすみの準備に取り掛かります。

  • 就寝準備

カイロを貼り替えます。私がお迎えしたのは5月下旬で、まだ夜の冷え込みが心配なのでカイロは2枚、ケースに沿ってL字型に貼っていました。

ただ、6月に入ってからは朝のケース温度が30℃を超えていたのでその日以降、夜も1枚にしていました。臨機応変に対応しましょう。

遮光シートをかぶせた後は、テレビの音量などを下げて、ヒナが眠りやすいように努めてください。

 

次回は生後4週目からの育て方を解説します。

 

 

東京飯塚農産 あわ玉 220g

東京飯塚農産 あわ玉 220g

  • メディア: その他