発傍聴席、宛インターネットの深海

良心に従って、真実を述べ、何事も隠さず、偽りを述べないことを誓います。(法廷での宣誓文より)

心優しい少年の心に付け込んだ愚劣な犯行(強制わいせつ、児童ポルノ禁止法)

  • 事件の概要 

被告人の男は当時12才、小学6年生であった男の子を駅構内の多目的トイレに誘い入れ、ズボンを突然下ろして臀部を触ったり抱きつくなどの行為を行い(強制わいせつ)、その様子を携帯電話で撮影したものです。(児童ポルノの製造)

  • 被告の経歴 

勾留中の被告の姿に私は唖然としました。あえて言葉を選ばずに表すと「よぼよぼのじいさん」。人定質問に対し昭和46年生まれであると答えたため、年の頃49才! 嘘だと信じたかったほどです。なにせ70代に見えましたから。髪はかろうじて黒いものの、ほとんど禿げ上がっています。

しかし声を大にしてバッシングしていいかというとそうでもないのです。乙号証(被告人のプロフィールなど)について検察官が読み上げた内容では養護学校(現在の特別支援学校)を卒業していると述べられており、弁護側も被告が療育手帳を所持している旨発言しました。

よって被告人には知的障害があるのです。その程度はおそらく軽いものの、後に詳述する混乱した公判内容を招きます。

  • 事件の詳細

被告人と男の子とは初対面でした。「かわいかったら誰でもよかった」と供述しています。駅構内にて男の子を見かけた被告はいたずらをしたいと考え、多目的トイレから男の子に声をかけます。困っているのかな、と思った男の子は親切心で招きに応じました。

ところがトイレに入ると、被告は被害者に対し、服を脱ぐよう指示します。いきなり密室で大人に命令され、男の子はなすすべなく服を脱ぎました。すると被告は突然パンツをずりおろし、尻を触り始めました。そして、後で楽しもうと思いつき、携帯電話でその様子を動画撮影したのです。

  • 前科前歴は無いものの…… 

被告人は以前から4~5歳の子供に抱きついたり、電車内で女子高生を撮影したりと、立件されてもおかしくない行動を繰り返しています。ですが被告の事情を鑑みてか、警察は注意するにとどまっていました。「檻に入っちゃうかもよ」と諭され、怖い思いをしたと被告は主張しています。怖かったのは被害に遭った方々でしょうに……

  • 噛み合わない答え 

したらダメだと思いつつも抑えられない、というのが犯行動機です。そこで、弁護人・検察官・裁判長が何度も角度を変えて、「被害者がどういった気持ちになったか」を被告に問いました。なぜダメかを認識しているか否かの質問です。

しかし返す答えはずっと、「申し訳なく思っています」という自分の気持ちでした。裁判長はその都度、質問をよく聞いてください、今のはこういった質問なのですよ、と助言するも、答えは変わらず……はたして裁判の行方は。

  • キレた裁判長

「被害に遭った子は、大人だったりトイレだったりが怖くなるかもしれないんですよ。今後もあなたの犯した行動で苦しみ続けるんですよ。そういった被害者の気持ちがわかっているんですか!!」

初めて裁判長が激高する場面に遭遇しました。推定無罪の原則は確かにありますが、裁判官がこういったイレギュラーな対応をすることも人によってはあります。

 「申し訳ありません……」被告人はあいも変わらずそう答えました。

  • 求刑、そして判決

謝罪の手紙は少年から拒絶されており、よって被害者の処罰感情は大きいものと思われ、検察側は懲役2年6ヶ月の実刑を求めました。これに対し、弁護側は執行猶予を求めました。

判決は、懲役2年6ヶ月(未決勾留日数20日を算入)執行猶予4年でした。

判決の日は落ち着いた口調で、裁判長は説諭として、「服役するかどうかの瀬戸際にいることを忘れないでほしい」と述べ、結審となりました。

  • 残った疑問 

今回の事件、なぜ被告人の責任能力について一切争わなかったのかが不思議でなりません。知的障害者については心神耗弱が認められたケースもあるのです。

また、公判中の一喝は障害者虐待といえなくもないのではないか……と私は思料します。もっともこれは、私自身も一介の障害者である故の肩入れではありますが。

乙号証の内容を見ることができないので知的障害の程度についてはわかりません。おそらくは公判前整理手続において健常者と同じ扱いをする合意が為されたのでしょうか。

いずれにせよ、ダメなことはダメと被告が反省できることが第一です。