発傍聴席、宛インターネットの深海

良心に従って、真実を述べ、何事も隠さず、偽りを述べないことを誓います。(法廷での宣誓文より)

48歳男と18歳少女の恋の結末(監禁致傷)

  • 事件の概要 

薬局にいた女性(18)を元交際相手である男(48)がむりやり自身の車に乗せ、その際に首をつかむなどの暴行を加え(致傷)、車をしばらく走らせました(監禁)。

女性の110番を受けた警察はGPSで車を停めてある駐車場を突き止め、現行犯逮捕となりました。

  • なぜ車を走らせることが監禁となるか

多くの人が監禁と聞いて思い浮かぶのは室内などですが、判例ではバイクの荷台に乗車させて1000m疾走する行為も監禁罪としています。(最決昭38.4.18)

監禁罪は継続して人の行動の自由を不法に拘束することで成立するのです。

本件の場合、女性の意志に反して車内に監禁したことになります。

  • ふたりの馴れ初め

出会った経緯は語られませんでしたが、女性の母親の同意を経て交際を初めたそうです。ただし、GPSで常に女性の居場所を確認できることが条件でした。

平成29年より同棲を初めたそうです。(……ってことは交際を初めたのは女性がまだ高校生のとき??)

被告人には離婚歴があり、息子と娘とは週に1度ほど会っていました。このことを被害者は好ましく思っておらず、別れるキッカケとなったといいます。ケンカの際には被告人からのDVがあったそうですが、被告人はこれを否定しています。

被害者によれば、被告人はキレると人が変わる傾向にありました。

  • インスタグラムにご用心

被告人は未練たらたらで、別れた後も被害者の通院先に行って土下座をするほどでした。

LINEをブロックされ、居場所もわからない被告人はどうしても話がしたかったようです。

ところが、被告人はなぜか被害者のインスタグラムのアカウントを知っていました。ある日、インスタのストーリーに被害者が採血の様子を投稿して、居場所がつかまれました。

  • 犯行の内容

薬局で被害者を見つけた被告人は無理に連れ出して車に乗せました。その際に2週間の加療を要する頚椎捻挫挫傷を負います。

助手席に乗せられた被害者はシートベルトもさせてもらえず、ドアも半開きのまま連れ去られました。対向車線に出たり、信号無視をしている様子が複数の防犯カメラによって捉えられています。(甲21~35号証という検察官の発言があったため、15台ほどでしょうか)

被害者は途中、持っていたスマホ110番通報に成功します。ところが、スマホはすぐに取り上げられ、被告人は警察官に「今から家まで送るんで……」などと通話しました。

しかし、通話後には「高速乗って飛ぶからな!」と脅迫しています。

結局、GPSで車の場所をつかんだ警察が現場に臨場し、被告人は現行犯逮捕されました。

  • 論告求刑と最終弁論

被害者の処罰感情は強く、「許すつもりも交際をまた始める気もない。厳罰を求める」とし、検察側は懲役2年の実刑を求めました

対して弁護側は、事件当時の被告は冷静であったとし、連れ去る意志は無かったとして、執行猶予を求めました

判決は、懲役2年執行猶予4年となりました。

犯行態様は粗暴であるものの、暴行は相当悪質とはいえず、証人として出廷した息子が監督を約束している点を理由として挙げました。

また、説諭として、「深く反省して今後は(被害者に)接触しないように」と釘を刺しました。

 

本公判では被害者参加制度を用いて、被害者とその母が参加していました。

他の事件でも未練がましい男による犯行は多々あります。一応私も男として、すべての男がそうではないことを、念のため。