今日もまた、傍聴席に座っている。

雑記ブログですが、主に裁判傍聴記・事件現場取材を書いています。

隣家の玄関先にソースをぶちまけた男(迷惑防止条例違反)

(※先に言っておきますが、かなりしょぼい事件です)

 

地裁に上がってくる迷惑防止条例違反のほとんどが痴漢である。ところがまれに、本件のような「ただただ迷惑」な人もやってくる。

内容はというと、令和2年9月15日、城東区の無職の男(78)が被害者宅の前にソース状の液体をまいたというもの。オイスターソースなのかタルタルソースなのかは明らかにされなかったが、とにかくソースを一瓶、スーパーで買ってきてまいたそうな。

理由は端的に言うと「息子が大手企業の採用試験に落ちた」ため。受けているときに、興信所の人間が隣家を出入りしていたのを見て、仲の良い近所づきあいが一変。毎日朝風呂に入るほど潔癖であるという男は、隣家から香水の匂いがするのを気にし、ついにはソースをまいて防犯カメラにその様子が捉えられていたのだ。

つまるところ、この事件は男の被害妄想が甚だしいゆえの結果ということ。

検察側は悪質でありソースの跡が取れないため懲役6ヶ月を求刑(ソースの跡が取れたら軽くなるという意味ではない)。弁護側は被告人が高齢であるため懲役に耐えられないとし、かん大処分を求めた。

判決は懲役6ヶ月執行猶予2年であった。

こういうつまらない裁判もあるという、記録として投稿しました。