今日もまた、傍聴席に座っている。

雑記ブログですが、主に裁判傍聴記・事件現場取材を書いています。

母親殺しの桐生のぞみ被告が懲役15年から10年へと下がったわけ(殺人、死体損壊、死体遺棄)

  • 1審の内容 

桐生のぞみ(34)は20年前から実父と離され、母親の監督下に置かれた。医療系の道へ行くという進路を母親は勝手に設定し、強制した。当然、被告人は抵抗したがスマホの所持が発覚しただけで土下座して謝らせる具合であった。何度も家出を繰り返したが、未成年のうちは警察へ、成人してからはなんと探偵を雇って家に連れ戻した。

追い詰められた彼女はネットで殺害方法を検索したりTwitterに殺意などを書き込んだりした。(これが1審で殺害を認定した証拠のひとつ)

ある日、スマホを破壊されて「出て行け」と言われたことから被告人は殺害を決意。そして犯行に及んだのである。

しかし、大津地裁での第一審では死体損壊・遺棄だけを認め、母親は自殺したと主張。司法解剖の結果、失血死でないことだけはわかり殺害方法は不明だったのだが、被害者を殺したのはどう考えてものぞみ被告しかいないため、殺人を認定し、懲役15年を言い渡したのである。

  • 自白の理由と分析

一審判決で殺害を認定されているため、「私が殺しました」との自白にどういう意味があるのかが話題になった。自白して反省の態度を示す、というのが一番の目的であろうとは思う。ただ、殺人での懲役15年というのは少し重いがそう悪くない判決なので、むしろデメリットの方が大きいのではないかと私は思った。

というのも、自白したからには当然殺害方法を示したのだが、その方法というのが包丁で頸部を何度も刺し、刃先が骨にまで達したというものだったのだ。これはかなり強い殺意の証拠になってしまう。せっかくまあまあの判決を勝ち取ったのにあまりにリスキーではないか……まあこれは素人考えに過ぎなかったと判明するのだが。

自白の内容を受けて、高裁は原判決を破棄した。一審では「近隣住民を恐怖させるような残忍な犯行」とされていたが、これを否定。計画性が無く、併合罪加重が重すぎるとし、実父との関係が回復したことや自白により反省が深まったことを認定して、懲役10年(当審未決勾留日数460日を原判決に算入)を言い渡した。

裁判長の「自分の犯した罪と向き合い、社会復帰した際は自分の選んだ人生を歩んで母親の冥福を祈ってください」との説諭に、のぞみ被告は泣きながらうなづいていた。