今日もまた、傍聴席に座っている。

雑記ブログですが、主に裁判傍聴記・事件現場取材を書いています。

謎多き通り魔犯・竹株脩はなぜ黙秘したのか?(殺人、現住建造物等放火、窃盗、銃刀法違反)

f:id:blackvalley:20210210093015j:plain

奈良地方裁判所。鹿さんが来てくれるまで待っていた。
  • 事件の概要(検察側による起訴状より) 

住所不定(自宅を焼き払ったため)無職(クビになったため)の竹株脩(しゅう・22)は無差別に通行人を殺そうと考え、令和元年11月24日の夜、遅くとも10時45分までの間に奈良県桜井市の路上にて、山岡直樹さん(28=当時)の背後からナタ(刃渡り18cm、重さ527g)で首の辺りを殴りつけた。

竹株は重傷を負った被害者を自車に乗せ、翌日25日未明にアパートの自室に連れ込み、被害者はもう死んだと誤信してトイレットペーパーなどを着火剤として放火。山岡さんは焼死した。(死因は正確には窒息死となっている。多くの焼死は窒息した後に遺体が焼損することを指す)

銃刀法違反はナタをみだりに携帯したこと、窃盗は被告人が被害者のスマートフォンと運転免許証を盗んだことによる。

認否を聞かれた竹株は「黙秘します」と一言だけ口にし、弁護人は無罪を主張した。被害者の父親は「なにが黙秘するの!」と怒りをあらわにした。

  • 争点と抽象的事実の錯誤

争点は犯人性(本当に竹株が犯人か?)と殺人罪が成立するか、という2点である。

犯人性についてはどう考えても竹株の犯行なので後述するが、殺人罪については教科書に出てくるようなシナリオをたどっているため、少し詳しく触れておく。まず、検察側は殺人既遂罪、弁護側は殺人未遂罪を主張している。というのも主観的には被害者は死んでいなかったが客観的には生きていた、という認識のズレが生じていて、これを抽象的事実の錯誤という。この場合、多数説では客観的構成要件(行為と結果、そして因果関係)が重なり合っているため殺人既遂罪になりそうだが、弁護側は言っていなかったが現住建造物等放火致死を主張するつもりなのかもしれない。(初学者向けの刑法総論を読んでるだけなので違ってたら教えてほしいです。)

  • どう考えても犯人は竹株

  • ナタの所持と被害者の追跡

被告人は事件当日、ホームセンターでナタと刺身包丁と給油ポンプ、滑り止めのついた手袋を購入した。足取りは車のカーナビのGPSの記録を中心に、防犯カメラなどで特定されており、犯行現場近くの公園にある防犯カメラでは被告人らしき男がうろついているのが複数回映っていて、しかも犯行推定時刻に車は止まっている。

  • 車での連行

車内にはタオルで包まれた刺身包丁と血のついたマスク、ブルーシートと給油ポンプとこれらの商品名が載ったレシートが残されていて、ドアノブには被害者の血痕で被告人の指紋が付着していた。そしてなにより、リアバンパーを覆うような、血痕と呼ぶにはあからさますぎる量の血が付着していて、これも被害者のDNAと合致している。マスクについた血も被害者のものであった。

  • 被告人宅であること

第2犯行現場と呼称されている被告人宅は、まぎれもなく本人が単身で生活している家。軽量鉄骨造2階建てで6室ずつ。間取りは3Kで当時満室であり、16名が在住していた。放火の際には住民が14名在宅していて、1階の住民が119番通報。被告人宅と隣室の計2部屋が全焼し、アパートは解体を余儀なくされ、再建しても事件現場であることから入居者が見込めないため、所有者と入居者の12名が厳罰を求めている。

消防は火元を遺体発見場所である和室中央であると判定した。また、遺体は両脚が胴体から離れた状態であった。

  • 逃亡の準備と逃亡

事件当日、被告人はローソンのATMで現金25万円を出金した。大きい買い物をした形跡がないため、逃走費用と思われる。

放火後には近鉄で京都駅へ向かい、新幹線で博多へ。博多市内では盗んだ被害者の運転免許証を使うなどしてネットカフェを利用している。

  • 当初の自白

同年12月15日に橿原署へ出頭した被告人だが、黙秘したりと供述を変遷させたものの、犯人であるとの自白をしている。なお、所持品はナタと現金40円であった。ナタには被害者の血痕が残っていた。

  • 不明な動機

通常、通り魔犯は鬱屈していたりするものだが、弁護側によれば被告人は第一希望の会社に入社し、上司や同僚に恵まれ評価も高く、犯行の2日前には会社の人と麻雀をし、翌日には妹の誕生日を祝っていたという。また、マウンテンバイクの大会にエントリーして後日参加予定であり、警察の捜査でも事件当日に京都までMTBの練習に行っていることがわかっている。

そのため、弁護人は「黙秘には言えない真実があるのではないでしょうか」と問いかけた。

  • 初公判を終えて

こんなに情報量が多いのにまったく意味のわからない事件はなかなか無いと思う。不謹慎だが倍率7倍くらいはあった傍聴券が当たってよかったと思う。

まず、事件前日まで犯行に至る兆候が無い。ここは検察側も通り魔であるとしか言えていない。また当日だが、同じホームセンターに2回入退店を繰り返して上記の物を購入している。複数の店で購入し、怪しまれないようにするなら筋が通るが……。ちなみにイオンにも行っていて同様に2回入退店してリュックサックを買っている。リュックを怪しむ人はいないだろう。それが逃走用であっても。しかし通り魔であることは確実で、愉快犯なのかもしれないが……それならなぜ博多に行ったのか。精神科医も出廷予定だが、一見しておかしな様子もなかった。今後の展開が気になる。

  • 判決 

判決は、無期懲役(未決勾留日数220日を算入、ナタは没収)だった。

全5回の公判でことごとく傍聴券が外れ続け、そのたびに柿の葉寿司を食べて大阪地裁へ移動するばかりであったが、なぜか判決は聴くことができ、謎が解けた部分が多々あった。ただし竹株が完全黙秘をつらぬいたために、その多くが『推認』であることに留意されたい。

  • 裁判所が認定した事実

被告人は遅くとも令和元年11月22日までに誰でもいいから人を殺そうと考え、自分と同じ身長の男を殺して自宅に火を放つことによって、焼死体が竹株脩自身であると装おうと計画した。重傷の被害者を自宅に運んだ被告人は被害者がすでに死亡していると誤信し、トイレットペーパーに油を注いで火を放った。これにより、被害者は火炎暴露による熱性ショックで死亡。被害者の運転免許証とスマートフォンを盗んだのは身元が発覚しないためと、今後は被害者と入れ替わって生きていくためであったとした。

  • 犯人性について

現場には多数の遺留物(被害者の唾液がついたタバコや肉片など)があったが、被告人につながるものは残されていなかった。本件の一番重要な争点が犯人性となったのはこれが理由である。つまりは実行犯が別の人物で、分担して犯行を行った可能性もあるわけだ。

裁判所は次の間接事実から犯人が竹株脩であると結論づけた。

まず、犯行前にナタを購入していることから襲撃の際に(第一事件と呼称)同じものを所持していたと推認できる。また、そのナタは出頭した際に持参したものと同一の物である。

被告人の靴跡が徐々に被害者へ近づいている。同じ靴を履いた別人とは考えにくく、一連の行動がまったくの偶然ならばお互いに連絡を取る必要がある。

血のついたマスクとブルーシートが載せられていた車は被告人の物で、カーナビに記録された時間から考えて、日頃から使用していたことからも、被告人が運転して犯行に用いたと考えられる。

現金とリュックサックを購入したことは逃走の準備である。

同月11月30日に福岡市内のネットカフェで被害者の免許証を使用し、出頭の際に持参したことは他の手段によって入手したとは考え難い。

以上により被告人の犯人性を推認した。

  • 被告人の精神状態について

精神鑑定を実施した医師は、被告人が特定不能のパーソナリティ障害であるとした。被告人の職場の上司や部下は被告人がストレスを感じていたことを証言したのだが、これによって性格の歪みが激しくなる(具体的にはこだわりが強くなる、など)と指摘した。加えて生い立ちに不幸な面があることと、一人暮らしの寂しさも影響したのではないかと証言した。

  • 殺人未遂なのか殺人既遂なのか

前述した抽象的事実の錯誤だが、やはり殺人既遂罪が認定された。法医学者によれば被害者はそのまま放置していれば8~9割の確率で失血死するという重篤な状態であったために第一行為に殺意を認定した上で、第二行為との因果関係を認めた。また、放火と殺人罪は包括一罪であるとした。

  • 判決の理由

本件でもっとも重視すべき点は無差別殺人であることで、人命軽視が甚だしく、悪質性が際立っているとした。重量のあるナタで何度も叩いた行為は冷酷で強い殺意が窺える。また、放火については周辺住民をも危険に晒し、消火活動ですべての部屋が使用不能になるなど被害は甚大である。

なんの落ち度もない被害者の無念は察するにあまりあり、遺族の処罰感情が峻烈であるのは当然である。無差別殺人の社会的影響は著しい。加えて被告人は何ら慰謝の措置を講じていない。

動機は判然としないが酌むべき事情はなく、生い立ちに不幸な面はあるが正当化できない。また、反省もしていない。

前科は無いが、死刑を選ぶことはできず、有期懲役では足りないため無期懲役とした。

と、いった理由により主文のような刑になったのだ。

  • 説諭

裁判長はかなり長めに話したのだが、抜粋すると、「上司や同僚の証言や、あなたの様子から自らの犯した罪を正面から受け止めているように見えない。それができたとき、長いはずだった被害者の人生を知る」

  • 激昂する遺族

結局、法廷で竹株が声を発したのは名前と年齢、本籍と住所、そして職業といった人定質問と、「黙秘します」だけだった。

被害者の母はB4サイズほどの大きな遺影を持ってきていた。父は判決後、閉廷してから「竹株! こっち向いて謝れ!」と叫んだが裁判長がすぐにたしなめた。

が、私の目の前に座っていた(最前列にあたる)女性は「死ね!」と喚き散らし、罵詈雑言を発したため退廷を命じられた。開廷前から体を震わせ、鼻をすすってハンカチを持っていた彼女に一度は別の傍聴人が(後でわかったが親族である)後ろの自分と代わるか聞いたが断っていた。

被害者参加制度では、配偶者・直系親族・兄弟姉妹が関係者席に座ることができる。つまり伯父や叔母などはこの制度を利用できない。きっと、親戚一同が集まって我々と同じく傍聴券の抽選に参加したのであろう。容姿から被害者をかわいがっていた伯母か叔母が取り乱したのだと思う。法廷の外のベンチで、彼女を親族がなだめていた。

これだけ愛されていた被害者の命を奪い、理由も謝罪も口にしない彼には無期懲役では足らないのかもしれない。