今日もまた、傍聴席に座っている。

雑記ブログですが、主に裁判傍聴記・事件現場取材を書いています。

モンブランのボールペン、Sラインにリフィルアダプター MB-01が使えるか検証

1990年代前後に流通していた1万円台のモンブランのボールペン、Sライン。廉価版の位置づけでしょうが、クリップの先端にロゴがあしらわれているという、なんとも所有欲というか胸ポケットに差しておきたくなる一品です。

まったく使用していなかったという美品をメルカリで手に入れたのですが、問題は現行のリフィルが使えないということ。直営店で試したところ、ペン先が1mmほどしか出ないのです。(つまり昔のリフィルの方が長かったのですね)

しかしリフィルの直径は変わっていないので、他社製のリフィルアダプターを購入して、使えないか試してみました。製造元は「Sラインには使用できません」と書いてますが……。

f:id:blackvalley:20210225200641j:plain

リフィルアダプター MB-01

使用するリフィルはジェットストリーム黒0.5mmです。アクロボールも使えて書き心地はアクロの方が好きなのですが、ジェットストリームの滑りをモンブランで試してみたいなという理由でのチョイスです。あと、ロフトで探したのに4C芯のゼブラやパイロットが置いてなかった……。

f:id:blackvalley:20210225200628j:plain

ジェットストリームの4C芯、SXR-200-05。ボール径はお好みで

では検証してみます。まずは純正リフィルをくり出した状態です。

f:id:blackvalley:20210225202658j:plain

では、アダプターにジェットストリームを差してみます。

f:id:blackvalley:20210225230150j:plain

なんということでしょう……長さにあまり変わりがない! 詰め物などで加工する覚悟だったのが、ポン付けでいけました。

ただし、他のノック式ボールペン同様のグラつきがあります。文字が乱れることはなく筆記にまったく問題はありませんが、どうも書いてるとカチャカチャ鳴るのですね。

メーカーが非対応としているのはこの点でしょう。

 

昨今の新型コロナウイルスの影響により、舶来万年筆関連は輸入が滞っていて、私もCROSSのブルーブラックのボトルインクを手に入れるのに一ヶ月かかりました。

Sラインのリフィルはまだ中字だけ製造されているのですが、当然生産数も少なく、3ヶ月待ってようやく入荷できたがすぐに在庫が払底した話を聞いています。

とりあえずは純正リフィルが手に入るまでの時間稼ぎですね。